qrcode.png
http://kurihara-sfk.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

法人概要

 

社会福祉協議会(社協)とは

社会福祉協議会(社協)とは
 
 社会福祉協議会(社協)は、社会福祉活動・地域福祉活動を推進することを目的に、社会福祉法に基づき設置された組織で、営利を目的としない公益性の高い民間組織(社会福祉法人)です。
 社協は、それぞれの都道府県、市区町村で、地域に暮らす皆さまのほか、民生委員・児童委員、社会福祉施設、社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健・医療・教育などの関係機関の参加・協力のもと、地域の人々が住み慣れたまちで安心して生活することのできる「福祉のまちづくり」の実現をめざし、様々な活動をおこなっています。
 

概要

概要
  ■名称 社会福祉法人 栗原市社会福祉協議会
  ■所在地 〒987-2252 宮城県栗原市築館薬師三丁目6番2号
  ■電話番号 0228-23-8070
  ■FAX番号 0228-21-4774
  ■代表者 会長 小林 吉雄
  ■設立年月日 平成17年4月1日
(築館町・若柳町・栗駒町・高清水町・一迫町・瀬峰町・鶯沢町・金成町・志波姫町・花山村の10町村が合併し設立されました。)
  ■活動内容 ○法人運営事業
○地域福祉推進事業
○高齢者・障がい者支援事業
○相談・支援事業
○ボランティア支援・育成推進事業
○介護保険事業
○障害者自立支援事業    ほか
 

基本方針

基本方針
 
「共に支え、共に助け合い、共に生きる」地域の創造
 
 
 栗原市社会福祉協議会の運営を取り巻く財務環境は、年々厳しさを増しています。抜本的な運営改革として、平成27年度から第1次「改革推進(改革・改善)プラン」に取り組んでまいりました。令和2年度からは、第2次「改革推進(改革プラン)」として、次の5年間へ歩き始め、令和2年10月には、「職員配置計画」「財政計画」を策定いたしました。
働き方改革に伴う「同一労働・同一賃金」「待遇差解消」などの見直しをし、令和3年度からは、それを形にして、働きやすい環境づくりに取り組んでまいります。しかし一方で、それに伴い、厳しい財政はさらに厳しいものとなってまいります。職員がともに一丸となって、社協を支えていく心持でいなければ、到底、この厳しい状況を乗り越えていくことは困難です。改めて、財政運営の基盤を確立すべく、しっかりと取り組んでまいります。
これまで、特に課題であった介護保険・障害福祉サービス事業における大きな改革のひとつとして、通所介護事業の撤退を、令和4年度に計画をしています。令和3年度は、この計画に向けて、各関係機関と協議を行い、調整を進めてまいります。
令和3年4月1日からは、念願であった共同生活援助事業所ふきのとうが創設となり、新たに定員を増やし、気持ちよく共同生活ができるように進めてまいります。そして、さらに、生活介護事業所はげましホーム、相談支援事業所、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所とともに、一帯に栗原市社会福祉協議会の「福祉複合施設」として、令和3年度から事業展開してまいります。
地域福祉推進については、活動財源である「会費」や「共同募金配分金」は、年々減少傾向にありますが、新たな会員加入の推進、共同募金運動の強化には、社協に対する理解者を増やすことにあります。『社協』が、何を目指し、どんなことに取り組む『組織』であるのか。情報発信に知恵と工夫を重ねて可視化を図ってまいります。第2次改革プランにおいては、今後「支所充実型」を唱え、より一層、地域住民の皆様に近い位置で、共に地域福祉活動に取り組んでまいりたいと考えます。これに向けて、令和3年度は、支所充実型に向けて、各支部と協議を重ね、より良い社協の支所と地域福祉を目指してまいりたいと思います。
新型コロナウイルス感染拡大により、これまで社会福祉協議会が推進してきた「人と人が集い、会話をし、時間を重ねること」自体が難しい状況ではありますが、どんな時でも、社会福祉協議会は、地域の皆様とともに、暮らしやすい地域を創造してまいる所存です。
社会福祉法人を取り巻く経営環境は大きく変化しており、時代に合わせた変化が問われています。第2次「改革推進(改革プラン)」のもと、現状を把握し、改革改善に取り組み、新たな体制に向けて進めてまいります。 
  
【重点目標】
1.財政運営の基盤確立
2.介護保険事業の抜本的改革・障害福祉サービス事業の安定化
3.改革推進業務への取組み
4.地域福祉活動計画事業の確立
 

事業計画書・資金収支予算書

事業計画書・資金収支予算書
   
 

令和2年度 事業報告書・決算書

令和2年度 事業報告書・決算書
   
 

財務諸表等電子開示システムはこちら

財務諸表等電子開示システムはこちら
 
 

福祉サービスに関する苦情解決取扱状況について

福祉サービスに関する苦情解決取扱状況について
 
 社会福祉法人栗原市社会福祉協議会では、苦情解決対策要綱を定め、第三者委員会を設置し、苦情について適切に対応する体制に努めております。
 令和2年度 苦情1件
 

交通アクセス

交通アクセス
 
■東北自動車道「築館IC」から車で10分
■東日本急行㈱「築館バス停」から徒歩で5分
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
  ○法人運営全般に関するお問い合わせは ⇒ こちら
社会福祉法人
栗原市社会福祉協議会
〒987-2252
宮城県栗原市築館薬師三丁目
6番2号
TEL:0228-23-8070
FAX:0228-21-4774

-------------------------------

○法人運営事業
○地域福祉推進事業
○高齢者・障がい者支援事業
○相談・支援事業
○ボランティア支援・育成推進事業
○介護保険事業
○障害者自立支援事業    ほか
-------------------------------
<<社会福祉法人 栗原市社会福祉協議会>> 〒987-2252 宮城県栗原市築館薬師三丁目6番2号 TEL:0228-23-8070 FAX:0228-21-4774